banner

出会い系サイトで人妻と出会うリスク

2015-01-15

出会い系サイトの利用者は、なにも若い人たちだけとは限りません。
40代、50代の人たちも多く利用されているのです。
そういった利用者はほぼ、家庭のある既婚者の人たちで占められています。
また、年齢に関係なく、既婚者の人は一定の割合いることは事実です。
そして、既婚の利用者と独身の利用者が出会い系サイトに求めているものは、実はあまり大きな違いはないのです。
当然、既婚者には日常生活を共にするパートナーが居りますので新しい恋人を探すとはなりませんが、常日頃、中々周囲の人に言えないような事を言える相手を求めている場合がよくあります。
既婚者の人たちはどういった人を求めているのでしょうか。
既婚者の方は同じ既婚者の人ばかりを求めているわけではありません。
既婚男性が独身女性を求めていることもありますし、逆もあります。
独身の人の方から既婚者を求めていることもあるでしょう。
もちろん、既婚者同士で出会いを満喫している人たちも大勢います。
出会い系サイトの中の既婚者の立ち位置はどういったものでしょうか。
既婚の出会い系サイト利用者は独身の利用者と比べて安心感があるようです。
それは、既婚者には守るべき家庭があるので、無理やりに関係を迫られるといったことが起きにくい、という考えがあるからです。
また、独身女性からは、リードが巧みな大人の男性、といった先入観から好まれる傾向にあるようです。
忘れないでほしいのが、既婚者の異性との出会うことにはリスクがつきまとう、ということです。
相手のパートナーに自分のことを知られれば、例えやましい関係でなかったとしても相手の家庭内に不和を招くことになりかねませんし、その結果、自分が民事訴訟の被告人になることだって十分あり得ます。
出会い系サイトは日常から少し離れている分、リスクは少ないでしょうが、既婚者の皆様は自分の大切な家庭のことをよく考えて利用したほうが良いでしょう。
あくまでも、自己責任の範疇内で出会いを楽しんで下さいね。

出会い系サイトのNGワード

出会い系サイトでは性的な表現をする場合も多く、こうした言葉はNGワードになることが多いので、露骨な性的な言葉の代用として隠語が使われています。
多種多様な隠語がありますが、そんな中でもよく使われている隠語を紹介したいと思います。
顔の見えない出会い系サイトで知り合い、実際会ってみたら想像と違っていた・・・とゆう話はよく聞きますが、そのような時によく使う言葉として「地雷」とゆう隠語があります。
会う迄はメールのやり取り等すごく良いカンジだったのに、会ってみたら見た目や言動が好ましいものではなくとても残念だった場合に使用したりします。
しつこくベタ惚れしてくる迷惑な相手のことも「地雷」と言ったりします。
例えば、「付き合った女が地雷だったからもう別れたい」、「ネットで知り合った彼に初めて会ったけど地雷だった・・・」のように使います。
単に好みじゃなかったとゆうより、より残念で可愛そうな感じがしますね。
ハズレくじを引いたような心境ですね。
他に「写メ詐欺」とゆう類義語の隠語もあります。
出会い系サイトにかかわらず携帯を持っているなら気軽に写メールを交換したりできます。
使い方としては「写メはイケメンなのに実物は全然違った」、「写メは可愛いのに、実物は逆だった」等です。
似た様な言葉に「プリ詐欺」もあり、実物とプリクラが全く違う時に使ったりします。
写メは結構、光の当たり具合や撮り方の角度で上手に撮ることが出来たりもするので詐欺るつもりは無くても、詐欺に見えてしまうほど実物と違って見える場合が確かにあります。
少しでも良くみせようと撮ってしまうのは仕方無いことですよね・・・「ストレベル」とゆう見た目レベルを表現する隠語もあります。
10段階あって、見た目レベルが低ければ数字も低く、逆に高い程数字も高くなります。
スト1、スト7といった風に使います。
「スペック」とゆう隠語もあって、同様に見た目レベルを表します。
基本的に顔が見えない出会い系サイトではストレベルはあまり期待しない方が良いように思います・・・

新着記事一覧

カテゴリー: 人妻との出会い 

出会い系サイトで女性と出会う方法

ほとんどの出会い系サイトは会員入会の際、特に男女会員の入会を規制しません。
会員の方の自由意志に任せてますので、男女のバランスが偏ったり、変動したりします。
そのため多くの出会い系サイトは男性会員に比べて女性会員が圧倒的に少ないという、不便な状態に陥ってます。
出会いを楽しみにした男性が会員登録後、わくわくしながら自分の地域にいる女性会員を検索したら、1,2名だけだったという状態だと、男性はアクセスをやめてしまうでしょう。
そればかりかクチコミサイトで批判的書き込みをされたら、管理会社としては致命的です。
そこでなんとか女性会員を確保したいのですが、放っておいても増えるものでもなく、やむを得ず考えついたのがサクラです。
でもサクラには経費がかかります。
窮余の策として考え出されたのが「架空会員」を作る方法です。
プロフィールまで作成して存在しない人を会員として登録し、男性の検索結果に反映させます。
でも架空奈存在なので男性がメールを送っても当然返事は返ってきません。
こういう偽りの会員を増やす出会い系サイト業者は多いのですが、あまり絶望的にならなくても大丈夫です。
というのも、多少の水増しがあったとしても、女性会員は一定数存在するからです。
業者が盛り上げるための賑やかしと考えて、気にしない事です。
膨大な量の岩の中から、ごく少数のダイヤモンドを得るように、リアルな世界も、出会い系サイトの世界も、女性と巡り会うのはそれなりに努力や忍耐が必要です。

出会い系サイトで知り合った人と付き合うには

人とコミュニケーションをとる時、話題選びというのはとても大切です。
どういった話題をするかで、人とのつきあい方も決まってくるといえるでしょう。
これは実生活に限らず、出会い系サイトで知り合った人とのつきあいでも同じなのです。
面と向かって会話をするのであれば、ある程度話し方のニュアンスやその場の盛り上がりの雰囲気で、自分と相手があうかどうかは判断できます。
しかし出会い系サイトにおけるメールでの会話となると、顔も見えませんし雰囲気などはわかりませんから、なおさら話題選びは大切だといえるでしょう。
まずメールのやり取りをするのが楽しくなるような気分にお互い持っていきたいものです。
楽しいはずのメールのやり取りが、返信しなければいけないという義務感になってしまったり、億劫になるようでは長続きしません。
そのためには読んでウキウキするような面白い内容のメールを書く必要があります。
少し冗談を織り交ぜながら書いてみるとよいかもしれません。
自分だけではなく、お互いに盛り上がる内容の話題がよいものです。
趣味が近かったり、似たようなことに興味を持っているのであれば話は早いのですが、なかなかそうはいきません。
相手が知らない話題でも興味を持ってもらえるような楽しいメールの書き方をするように心がけるとよいでしょう。
相手に楽しんでもらおうとジョークのネタを書くのはよいのですが、下品な下ネタや、他人を陥れるような笑いをネタにしたメールは避けた方がよいでしょう。
そもそもあなたの人格を疑われてしまう可能性がありますからね。

カテゴリー: 女性と出会う方法 

異性と出会って交流を深めるためには?

出会い系サイトの目的とは、男女が集い合って、それぞれ異性と出会って交流を深める事。
これに尽きます。
そのためにこそ多くの利用者が集まるのです。
ですから、そこで出会えないとしたら出会い系サイトを使う意味がなくなってしまいます。
かといって、出会い系サイトを使えば、必ず相手が見つかるかというと、そうはいかないもので、運も大きく左右します。
“出会い系サイトは水物”と呼ばれる由縁です。
サイトの人口自体も日によって利用者が多い日、少ない日があって、一定してません。
どんな優良出会い系サイトでも、いくら頑張っても相手をゲットできない人が必ずいます。
自分にテクがないのか運が悪いのか思い悩んだ結果、出会い系サイト自体に問題があると結論づけた挙げ句、さらにサイト自体を攻撃する人もいるようです。
自分が出会えないのはサイトが悪いからだ、どうせサクラだらけなんだろう?という言い分です。
たしかにサクラだらけの出会い系サイトで出会える事はまずないでしょう、一理あります。
でも、優良出会い系サイトには、ちゃんとした一般女性の会員が大勢いるのです。
その中から自分好みの女性を見つけて、仲良くなっていくか、いかないかは、個人の自由であり、個人の責任になってくるのです。
早い話が腕次第ということです。
腕がないといくら出会いの場に女性がひしめいていても仲良くなれないで終わってしまう。
そんな実力主義な世界が出会い系サイトなのです。
いえ、それは出会い系以外でも同じ事がいえるはずです。
例えばOLさんだらけの職場にナンパ目的の男性が就職するとします。
出会いや触れあいの機会は毎日たっぷりとありますが、コミュニケーション能力が欠けた男性の場合、どれだけ時間を費やしても社内恋愛にこぎつける事はまずできません。
それでも会社が悪いからと言えるか、という問題です。
男女の仲はもちろん縁もありますので頑張っても上手くいかない時もありますが、ある程度の努力や研究が必要なのは、どんな分野でも同じなのです。

出会いを求める心理とは

人は何故出会いを求めるのでしょうか。
男女が惹かれあうのは、将来への遺伝子を残すためと言われていますが、それを戻って突き詰めると出会い系サイトになるのかも知れません。
仕事の都合や容姿などでなかなか異性に恵まれない人たちが、出会いを求めてやってくる場所です。
出会いを求める心理は本能にあるのかも知れません。
出会い系サイトではそれが満たされます。
少なくとも、人に出会うことはできます。
長続きするかどうかはお互いの話ですが、出会いのきっかけになることでしょう。
そして繁殖活動を求め、惹かれ合っていきます。
出会い系サイトは性犯罪を犯すのを食い止めているという一面があるという人もいます。
一般人を襲ってレイプしたりする欲望を、出会い系サイトで出会った女性と同じ目的を持って合意して行為に及ぶことで、実際にはもっと多いと言われている性犯罪が減っているのかも知れません。
もちろん、一時期マスコミで騒がれたように、出会い系サイトを使った性犯罪もあることは確かです。
不合意の上での行為ですね。
傷害や殺人事件にもなり、「出会い系サイトは怖いところ」というイメージを植えつけた事件でした。
ですから今でも年配の方に「出会い系で知り合った」と恋人や友人を紹介すると、あまりいい顔をされなこともあるのです。

無料の出会い系サイトでのメール術

せっかく無料の出会い系サイトで相手を見つけたのですから、どうせなら毎日起きたことを報告しあったりして会話を楽しむことで、さらに仲を深めてみませんか。
日中は仕事などで、なかなか連絡は取り合えないと思います。
と、なるとメールする時間はだいたい、一日の終わりですよね。
一日の終わりなので、その日に起こった楽しかったこと、悲しかったこと、イライラしたことなど話題は豊富ですね。
このような一見、どうでもいいような会話を日々行うことで、相手のことをより深く知っていくことができるのでは。
ただここで注意してほしいことがあります。
それは、一日の日記を書いたようなものや、そこまで仲が良くない状態で淋しい、会いたいなどの過度の要求はとても不快にとられがちです。
また、曖昧な感情表現も、言葉と違って文字では伝わりずらいことも多いので要注意です。
自分のことをよく理解してもらうための手段としてメールは非常に便利なものです。
使い方一つで相手に与える印象は大きく異なってきますので、お互いに気持ちよくなれるメールを楽しんでみてください。
お互いのことをもっと知りたくなったら実際に会ってみてもよいでしょう。

相手に好印象を与えるようなメール術

まったく同じことを書いたメールを送りつけても、相手の心を掴むことはできません。
その人はどんな人なのか?何に興味を持っていて、どのあたりに住んでいるのか?自己紹介のページをよく読んで、相手に好印象を与えるようなメールを書いて送ってみることが大事なのです。
そうして送信したメールを読んだ相手から、返信をもらえたら大成功ですよね。
でも喜んでばかりもいられません。
さっそく、つぎのメールを送信しましょう。
初心を忘れないようにしながらも、最初のメールではまだ言っていないことや、相手から聞かれたことへの答えを書いていきましょう。
返信ありがとうという言葉を忘れずに。
最後は相手へ聞きたいことを書き添えましょう。
最後に聞きたいことを書き添えるのがポイントです。
聞かれたことに答える、という自然な流れで、また返信をもらえる可能性が高まります。
けっこう大事なポイントですから、覚えていてほしいと思います。
また、出会い系サイトではやってしまいがちですが、くだけた口調はNG。
女性受けがよくないです。
いきなり親しげにされることに抵抗を感じる人が多いようです。
同様に、絵文字もNG。
男らしさを感じないという意見もあります。
しかし、ケースバイケースでOKなこともあります。
相手から、くだけた口調でも絵文字でも気にしないよ、と言われたのであれば、どんどん使っていきましょう。
相手から距離を縮めるようなことを言ってくれたのに、かたくなに拒否する必要はありません。
逆に相手との距離を広げてしまうことになりますからね。
状況をよくみて、機会を逃さないようにしていきましょう。

カテゴリー: メール術 

サクラの存在しない出会い系サイトの見分け方

やはりサクラの出来るだけ少ない出会い系サイトを利用したいですよね。
出会い系サイトといえばサクラと思われる方も多いでしょうし、サクラのバイトも存在します。
しかし、実はこのごろ、このサクラで運営するという手法がどんどん減ってきているんです。
無料の出会い系サイトにもいろいろありまして、中には大手のサイトがいくつかあります。
これらの大手なら、男性会員も女性会員もしっかり存在し、サクラが少なくなっているのです。
大手のサイトでサクラばっかり、といったところはほとんどありません。
ですが、完全にいない、というわけでもないようです。
あまりみだらな内容を送ってきたり、積極的にメールを送る女性会員がいたら、疑った方がいいでしょう。
サクラをコンピュータにプログラムしている、なんてものもあるようです。
わざわざバイトを雇わなくても、勝手に男性の相手をしてくれるわけですね。
そういったサイトはきっと一部なのでしょうが、詳細は定かではありません。
また、サイトがハリボテのニセモノで、フェイクであるということもあります。
その運営業者が管理している複数の関連サイトに、まとめて登録されてしまう、というものです。
知らないうちに有料サイトに登録させられ、料金を請求されてしまう、なんてことも。
そういったサイトは、あまり長いこと運営しようとは思っていないので、比較的新しいサイトに多いです。
昔からやっている大手のサイトなら心配はありません。
サクラに関しては、疑い始めたらキリが無いでしょう。
サクラの一人もいないサイトは初めからいないと割り切ってしまった方が、堂々と楽しく過ごせることでしょう。
もちろんいないに越したことはありませんが、もしサクラに出会っても見抜いたり対処したり出来るということが重要です。

悪質な出会い系サイト体験談

最悪な出会い系体験をした人を紹介しましょう。
仮にBさんとします。
普通の会社員で、30代前半です。
ルックスは悪くありませんし、自分でもそう思っています。
そのBさんが、出会い系サイトである女性を見つけました。
年齢も同じくらいで、写真を載せていたのもかわいらしくて、ぜひ会ってみたいと思いました。
しかしプロフィールには「結婚していますので浮気願望はありません」と書いてあります。
それでもBさんは自分のテクニックを信じてメールを送ってみました。
すると返事が返ってきたのです。
何回か出会い系サイトのメール機能でメール交換をした後、直アドを交換しました。
そして映画に行こうという話になったのです。
実際に会った彼女は本当に可愛くて、ぜひなんとかしたいと思いました。
映画を観る前にもドリンクやフードを買ってあげたり、当然映画代も出しました。
映画のあとはウィンドウショッピングをしました。
すると彼女が「これずっと欲しかったんだぁ」と、あるブランドバッグを眺めながら言いました。
値段を見れば、払えない金額ではありません。
「買ってあげようか?」と言ったら、待ってましたとばかりに「いいんですか?!」と喜んでくれたので買ってあげました。
夕飯は居酒屋で過ごし、意外と食欲旺盛な彼女にびっくりしました。
そして「ちょっとお手洗い」と言ったので、しばらく待っていましたが返ってきません。
よく見ればバッグだけでなく、さっき買ったものもなくなっています。
Bさんは慌てて電話をかけましたが、すでに着信拒否にされているようで、メールも送れませんでした。
冬なら上着などがあるのでそんなことはなかったかも知れませんが、夏は軽装です。
Bさんは「やられた!」と思いました。

カテゴリー: サクラの見分け方 
Copyright(c) 2015 出会い系サイトで運命の出会いから結婚へ♪【robiefarm.com】 All Rights Reserved.